バックナンバー

高速フィールドバスEtherCATインタフェース搭載
業界最小のモーションコントローラ「SANMOTION C」を開発

SANMOTION C

2018年 10月 10日


山洋電気株式会社は,高速フィールドバスEtherCATインタフェースを搭載した業界最小のモーションコントローラ「SANMOTION C」を開発しました。
ロボット制御できる高機能タイプと,PTP(Point-to-Point)位置決めに特化した汎用タイプから選択できます。ロボット,搬送装置,半導体製造装置などのモーション制御に最適です。

SANMOTION C

特長

1. 業界最小コンパクト※1

高さ120mm×幅55mm×奥行110mm。非常にコンパクトなモーションコントローラです。
小型化により省スペース化を実現し,システムコストの低減に貢献します。

2. 柔軟なシステム構築

ロボットや電子カムを制御できるAタイプと,PTP動作に特化したBタイプをラインアップ。
入出力信号の制御と同時に,複雑な多軸モーション制御や,ロボット制御がおこなえます。お客さまの用途に合わせて,柔軟にシステムを構築できます。

3. IoT※2機能搭載

各種周辺機器と接続するため,Ethernet,RS-485,USBなどのインタフェースを標準装備。
EthernetではModbus TCPが使用できます。また,上位通信用のOPC-UA※3にも準拠しており,さまざまな機器とシームレスに接続できます。
また,PCの汎用ブラウザにて,動作状態のモニタリングやプログラム変数の読み書きができるWebサーバ機能を搭載。IoT技術を活用したシステムが簡単に構築できます。

※1 シーケンス,モーション,ロボット制御が1台でできるデジタル入出力内蔵モーションコントローラとの比較。
2018年10月10日現在,当社調べ。

※2 Internet of things: あらゆるモノをネットワークにつなげ,情報交換することにより相互に制御する仕組み。

※3 Object Linking and Embedding for Process Control - Unified Architecture:データを相互運用するための標準規格。

仕様

型番 SMC100-A SMC100-B
インタフェース EtherCAT (100 Mbps) マスタ機能
Ethernet (10 / 100 / 1000 Mbps) プロトコル(Modbus TCP, OPC-UA)
RS-485 (9600 kbps~115200 kbps)
USB 2.0 (メモリストレージ用)
デジタル入出力 デジタル入力16点 DC24 V プラスコモン / マイナスコモン入力
デジタル出力 8点 DC24 V, 0.5 A シンク出力
入力電源 DC24 V (DC19.2 V ~ DC30 V), 0.8 A
消費電力 19.2 W
冷却方式 自然空冷
外形寸法 高さ120 mm×幅55 mm×奥行110 mm
質量 300 g
最大制御軸数 8
制御機能 シーケンス制御
モーション制御
(電子カム・ギア,直線補間,円弧補間)ロボット制御
(直交,スカラ,パラレルリンク機構の制御)
シーケンス制御
モーション制御
(PTP制御)
制御言語 国際標準規格(IEC 61131-3)に準拠したプログラミング言語
G-Code (SMC100-Aの場合)

カタログデータ

用途

ロボット,搬送装置,半導体製造装置など

受注開始日

2018年10月24日

価格

オープンプライス
リリースに記載されている内容はすべて,2018年10月10日現在の実績です。
「SANMOTION」は山洋電気株式会社の登録商標です。