バックナンバー

高信頼の常時インバータ給電方式 UPS 「SANUPS A22A」
出力容量5~105kVA三相4線 AC400V系タイプを開発

SANUPS A22A

2018年 8月7日


山洋電気株式会社は,高信頼の常時インバータ給電方式 UPS 「SANUPS A22A」を開発しました。入出力の仕様は三相4線 AC400V系タイプのため,アジアや欧州での使用に適しています。出力容量は5kVAから105kVAまで幅広く選択できます。停電や電圧低下が起きても無瞬断で電力を供給できます。

SANUPS A22A

特長

1. 業界トップ※1の高効率

  • 高効率94.5%を達成しました。ランニングコストを低減し,省エネルギーに貢献します。

2. 柔軟なシステム構成

  • 5kVAごとのモジュール構造なので,用途に合わせて出力容量を選択できます。
  • 増設バッテリモジュールとの組み合わせで,停電時のバックアップ時間を延長できます。

3. 高信頼

  • 常時インバータ給電方式なので,常に安定した良質の電力を供給できます。
  • 並列冗長運転をすることで,給電の信頼性をより高めることができます。

4. 幅広い入力範囲

  • 入力電圧範囲は240V~460V※2,入力周波数範囲は46Hz~54Hz※3とワイドレンジです。
入力電源が不安定でも,バッテリ運転への切換頻度を低減し,バッテリの消耗を抑制できます。

5. 保守が容易

  • UPSの前面からバッテリやインバータモジュールを脱着できます。
  • 並列冗長運転中であれば,インバータ給電をしながらインバータの保守作業ができ,作業中に停電が発生しても給電を継続できます。

※1 2018年8月7日現在。常時インバータ給電方式UPSで,同等の電圧・容量の場合。当社調べ。

※2 入力電圧を400Vに設定の時。

※3 入力周波数を50Hzに設定の時。

仕様

項目 仕様
運転方式 常時インバータ給電方式
定格出力容量 5~105 kVA
入出力 三相4線 380/400/415 V
変換効率 94.5%
負荷力率 0.7 (遅れ)~1.0
バックアップ時間 10~180分(出力容量など条件により選択)
使用環境 周囲温度:0~+40℃,相対湿度:10~95%(結露なきこと)

※周囲温度25°C,初期値,負荷力率0.75の場合。

カタログデータ

用途

サーバ・ネットワーク環境,データセンタ機器,工場設備,動力設備など

発売予定日

2018年8月7日

価格

オープンプライス
リリースに記載されている内容はすべて,2018年8月7日現在の実績です。
「SANUPS」は山洋電気株式会社の登録商標です。